2014
10.31

飼い主さん

Category: こねこ
寒くなりましたね

冬の風物詩です
猫は入れ替わるのに、電気敷布の場所が必ず一番人気の寝床になります
2014101300070000.jpg


2014102223110000.jpg


2014102701080000.jpg


2014102701090000.jpg
こーんなかわいい子たちが、飼い主さんを待っていますよ。

みんな本当にいい子たちばかりです。
2014
10.31

ワクチン打ったら、飼い主さん探しです。

Category: こねこ
2014102710030000.jpg
ワクチンしてきましたー!!
家族にしてくださいにゃ(=^ェ^=)

2014
10.29

くう&ちゃちゃ

Category: 御報告
一回り大きくなったくうとちゃちゃのお写真をいただきました。

DSC_0089.jpg

DSC_0112.jpg

お兄ちゃん大好きっ子になってるね

DSC_0095.jpg
安心してお兄ちゃんの上で寝てるんだね。


2014
10.27

里親募集中

Category: こねこ
とてもおとなしい子たちです。

DSC02201.jpg

DSC02202.jpg
里親さん募集中
2014
10.27

ちび

Category: こねこ
昨日はちょっと下痢気味
今日は元気です。
DSC02403.jpg

DSC02420.jpg

2014
10.24

しろちゃん

Category: 御報告
たくさんのボランティアさんが

気にかけてくれて、

あちこち里親さんを探してくれましたが、

今日、しろちゃんは亡くなりました。

DSC02222.jpg
人間が施設に入り、保健所に入れられた子

飼い主さんが亡くなって保健所に連れてこられた子

こんな子が最近増えています。

保健所で見た時は、もう何日も持たないのではないかという状態でしたが

ボランティアさんの所で保護してもらってからは

とても元気になり、やせっぽちでしたが

ご飯も食べて、人のあとをついて回り、

持ち直したかのように感じていました。

でも、どこかで元の飼い主さんのいない寂しさを

我慢して、耐えられなかったのかもしれません。

飼い主さんが最後まで飼ってあげることが一番の幸せなのだと思います。

ペットを亡くすつらさは耐えられないものですが、

やはり、最後まで見届けてあげてください。
2014
10.24

ちび

Category: こねこ
日日、あまり変わりがないように思えますが

確実に成長しています。

DSC02380.jpg

DSC02381.jpg

DSC02387.jpg
体重240g
2014
10.23

ちび

Category: こねこ
やっと目も開きました。
DSC02337.jpg

歩く速さもちょっと早くなりました。
よち・よちって感じですが。

DSC02338.jpg


DSC02350.jpg
体重220g
2014
10.22

ぎずもとねえちゃん

Category: 成猫
シャイなギズモです。
DSC01779.jpg

そして同じくシャイなギズモのねえちゃんです。

シャイなので譲渡会には連れて行けないなぁ。

姉ちゃんは手を出すとペロペロとなめてくれるんです。

人には自分から近付かないけれど、

そこがまたかわいくて。

DSC01777.jpg

理解のある方にもらわれるのを待っています。
2014
10.22

ちび

Category: こねこ
体重215g
やっと200gを超えてずっしり感が出てきました。

目もぱっちりとまではいきませんが、
開いてきました。

なんか毎日違う方の目が開かないのが不思議ですが。

DSC02305.jpg

目薬は今夜初めてつけました。

目薬をさすとかゆがって、細い爪で目を掻こうとするので

むやみに目薬をつけるのは考えものです。

カメラの音に反応をするようにもなりました。

DSC02308.jpg

2014
10.22

ちび

Category: こねこ
片方の目は2/3位開いてきました。
DSC02278.jpg

もう片方は、ちょっと心配で拭いたら膿がたくさん出てきました。

ここ2,3日しっかりケアすれば大丈夫だと思います。

これをほっておくと、こねこの場合、目を無くすこともあります。

お母さんがいればいつもケアしてもらえるのですが。

DSC02279.jpg

耳もだいぶ立ってきました。

DSC02285.jpg
10月21日 189g
2014
10.20

負傷猫さんと老猫さん

Category: 成猫
負傷猫で保護した子ですが、

今ではすっかり元気になり

とっても甘えん坊です。

DSC02220.jpg

DSC02239.jpg

そして、15歳の白猫さん

またもや人間が施設、猫が保健所のコースです。

いつになったら日本はこんなことから先に進むのでしょうか?

DSC02241.jpg
白ちゃんは甘えん坊でちっとも離れません。

ずっとついて回って人間が恋しくて仕方ないのです。

一日家にいる方はこんな子をそばに置いてあげてください。
2014
10.20

ちび

Category: 成猫
片目が開きはじめました。

DSC02250.jpg

もうしばらくすれば、目が開きます。

DSC02253.jpg

体重177g

DSC02254.jpg

2014
10.19

ちび

Category: こねこ
まだまだちっちゃいちびちゃん。

写真だと小ささがわからないですね。

DSC02171.jpg

ミルク飲み終えて

DSC02175.jpg

お休みです。

DSC02196.jpg
体重159g

2014
10.19

みんな里親募集中

Category: 成猫
DSC01654.jpg
ぽた

DSC01658.jpg
ぱせり

DSC01668.jpg
かも

DSC01670.jpg
ひげた

譲渡会には連れて行けませんが

里親さん募集中です。
2014
10.18

ちび

Category: こねこ
ちびにちょっとだけ

日向ぼっこ

DSC02156.jpg

もぞもぞと動き回り

DSC02157.jpg

もふもふの中に入っていきました。

DSC02151.jpg

体重138g
2014
10.18

くまごろうときじちゃん

報告が遅くなりましたが

くまごろうときじちゃんがもらわれました。

ちび達は優しいお兄ちゃんをゲットしました。

ちょっと緊張気味のくまごろう

DSC02019.jpg

だけどすぐに肩に乗ってわがもの顔です。

DSC02024.jpg

きじちゃんは「この人の所に行くのかな?」

みたいに顔をして

DSC02028.jpg

しっかりカメラ目線です。

DSC02031.jpg
名前は「くう」と「ちゃちゃ」に決まりました。

優しい家族に恵まれてよかったね。

幸せになってね。
2014
10.17

ちび

Category: こねこ
新入りちびはへその緒が取れました。

体重は125g

DSC02058.jpg

DSC02069.jpg

DSC02097.jpg

2014
10.17

譲渡会

Category: 成猫
やっと松本保健所でも譲渡会を開催することになりました。

11月15日土曜日1時から3時です。

場所は保健所の犬舎前の予定ですが

正確な場所がきちんと決まりましたら、またご報告させていただきます。

「こねこの会」の成猫たちも場所が変わっても

大丈夫そうな子たちは連れていく予定です。

三毛たちは、本当に性格がよいので行けると思います。

ぜひ会いに来てくださいね。

もちろん、その前に里親さんがみつかるとうれしいのですが。

DSC01728.jpg


DSC01753.jpg

連れて行けない猫たちのパネル展示も行う予定です。

本当にたくさんの子たちが里親さんを待っています。


譲渡会でのその日のうちの譲渡は行いません。

お渡しは後日になります。


犬は「ゆめまるHAPPY隊」さんが連れてきてくれます。

猫や犬をこれから飼おうと思っている方は

こういう機会を利用してみてください。
2014
10.16

牛丸と茶々

Category: 御報告
牛丸と茶々の最近の様子を送ってくださいました。

IMG_2191.jpg

そろそろ手術かな
IMG_7934.jpg
 元気そうでうれしいです。
この子たちはいつまでたっても可愛いですね。
2014
10.16

預かりボランティアさん

Category: こねこ
先日、駆虫したシャンちゃんとちび2匹を預かってくださっている

ボランティアさんのお宅は、

その前に猫をもらってくださった方です。

そして、その先住猫ちゃんにちゃっかり甘えている3匹です。

ちびさん
親から引き離された後なので

本当に安心できるのだと思います。

2014
10.16

新入り

Category: こねこ
119gの小さい新入りさんが来ました。

DSC02044.jpg

まだ、へその緒もついています。

DSC02050.jpg

頑張って生きようね。

DSC02057.jpg

2014
10.15

前髪ちゃん

Category: 成猫
背中横は渦渦模様でなんちゃってアメショなんですが

DSC01755.jpg

DSC01756.jpg

DSC01758.jpg


チャームポイントは前髪です

DSC01763.jpg

とっても人懐こくてかわいい子です。

DSC01766.jpg

DSC01768.jpg

DSC01770.jpg

DSC01774.jpg

DSC01791.jpg
飼い主さん募集中です。

たくさんの成猫がいます。

一度見に遊びに来てください。


2014
10.14

負傷猫さん

Category: 成猫
保健所で負傷猫として引き取った子ですが

人懐こい子なのに飼い主さんが現れませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
とても不思議なことですが

保健所は負傷猫は引き取ります。

そして長野県には立派な愛護センターがあり

そこで治療もしてもらえます。

けれど、治療が終わると、元の保健所に戻され

そのまま飼い主が現れない場合、

殺処分になっていました。〈もちろん現在もです〉

何のために治療をするのでしょう?

ずっと、ずっと疑問でした。

この疑問は保健所が治療した子の里親をきちんと捜すということをしないかぎり

ずっとずっと疑問のままだと思います。

この茶とらの負傷猫はボランティアの目にとまり

治療も動物病院に連れて行ってもらい

保護もしてもらいました。

里親さんを見つけるまで、ボランティアで保護し続けます。

全ての負傷猫、引き取り猫が

殺処分にならない日が来ることを願っています。

DSC01742.jpg

DSC01741.jpg

DSC01740.jpg
とても人懐こい子です。
里親さん募集中

~~~~~~~~~~
何となく、この子のことを書いていて

今までたくさんのいろんな子を引取って

家族として過ごしてくださっている方々を

思いました。

片足がない子、目が見えない子、麻痺のある子等々

もらわれた子も幸せですが、

その子たちを引取ってくださる方がいるということが

ボランティアをしていて、幸せを分けていただいているのだと思います。

こんなにかわいい子をよく処分に持って来られるものだと

人間の醜さを感じ続ける毎日ですが、

行き先が見つからないかもしれないと思っていた子に

優しく差し伸べてくれる手が、まだまだあるのだということに

感謝せずにはいられません。
2014
10.13

ちび2姉妹

Category: こねこ
ちび2姉妹

3連休に保健所に置いておくのがかわいそうで引き取りましたが

無事にお世話をしてくれるボランティアさんの所に着きました。

DSC03303.jpg

DSC03309.jpg

まだ、ちょっと人間を威嚇してますが

人工哺乳にも慣れました。

DSC03310.jpg

2014
10.13

きじさん

Category: こねこ
とってもかわいい、きじさんです。

病気をしても、このかわいさは変わりません。

歩行は他の子と同じようにできませんが

この子は一生懸命生きています。

DSC02247.jpg

DSC02252.jpg

DSC02256.jpg

DSC02270.jpg

DSC02273.jpg

DSC02286.jpg

DSC02296.jpg

DSC02311.jpg

DSC02327.jpg
里親さん募集中


2014
10.13

ビフォーアフター

Category: 成猫
喜んでくれると思ったのに・・・

喜びすぎて1週間ともちませんでした(-“-)

DSC03176.jpg



DSC03217.jpg


2014
10.13

Category: 御報告
image02.jpg
image03.jpg

2014
10.11

親から引き離されて

Category: こねこ
親から引き離されて、まだおびえている子たちです。

ボランティアが小さい時から育てた子はよく鳴きます。

だけど、ちゃんと親が育てた子は、母親が帰ってくるまでは鳴きません。

それは外敵から身を守るための本能です。

この子たちは鳴きもせず、ただひたすらじっと外敵だと感じている人間を

にらんでいます。

DSC01803.jpg

この子たちもじきに人懐こくなります。

人からミルクをもらい、お世話をすることで

心を開いてくれます。

DSC01797.jpg

でも、やはり悲しいことですね。

引き離された親も子猫を探し続けています。

DSC01798.jpg

生まれる前に手術をして悲しい思いをする親子を作らないでください。

手術は一度してしまえばおしまいです。

手術をしない限り、同じことを何度も繰り返さなければならないのです。


2014
10.10

シャンちゃん

Category: こねこ
このキュートに見える子は

DSC01821.jpg

実は、とっても過酷な環境から来たようです。

保健所から引き取ったときの様子。

一見わかりませんが、検便検査の結果

マンソン、コクシジウム+ダニまでいました。

体重440g

まだ、ミルクだけでも十分な大きさです。

それなのにマンソンがいました。

この大きさでカエルを食べて生きていたということです。

お腹はぽっこりしていますが背中は骨ばっています。

お腹には虫、実際は栄養が足りていないのです。


DSC01824.jpg

保健所から連れて帰った日に、一回目のコクシジウムの駆虫とフロントラインでダニ退治

今日は2回目のコクシジウムの駆虫と沐浴をしました。

明日、マンソンの駆虫薬投与で一応虫退治はおしまいです。

DSC01892.jpg

沐浴が終わって、ちょっと不機嫌

DSC01900.jpg

「尻尾の先がまだ乾いてないニャン
DSC01914.jpg

2週間後にワクチンを打ったら譲渡先を探します。

ワクチン接種時に再度検便検査、

今は出ていない回虫が卵から孵っている可能性もあります。



こういう子が外の世界にはたくさんいます。

避妊・去勢手術をして不幸な子を増やさないようにお願いします。

保健所に持ち込まれた子が、みんな救えるわけではありません。

処分される子がたくさんいることも知ってください。
back-to-top