FC2ブログ
2018
05.02

住職とじゅりー

外猫としてどのくらい生きてきたのでしょうか

お寺で捕獲したので「住職」と仮名をつけました。
皆の嫌われ者で、
他の猫を追っ払って、餌を食べてきた住職は、
口内炎で、上手に食べられない事が判明しました。
治療してからリリースしようと思っていたら、
なんだか撫でられるようになってきてしまいました😅
住職の日常は、
高い場所を選んで寝ていることが多く
病気の子のために特別食の用意を始めると起きてきて、ウロウロします∗˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗
2018050200121889b.jpg


窓から外を見て、鳴きます...
よく鳴きます...
でも、出たがりません。
シェルターの出入口でよく寝転んでいますが、
ドアの外に興味はないようです。
20180503213603731.jpg


このまま、ここに置いてくださいってこと?
🏡おうち、欲しいなってこと?
201805020012178b2.jpg


こちら、じゅりーも面白い子です。

廊下を自由に歩ける彼は、
クララともうまくやれていて
つるんでます(笑)

じゅりーも、病気の子のための特別食が目当てて
とにかくついてまわります(ω´∀`ω)
くれくれ光線が出まくります(笑)
201805020013420c1.jpg


「この、目の前のお皿に
どーか、どーか、美味しいのを入れてください。
ボク、食べたいのです」
20180502001343d1b.jpg


「お願いします~。
どうか、ここに、ご馳走を入れてください
いつ頃入れてもらえますか?(⁎˃ᴗ˂⁎)」
20180502001345771.jpg

病気の子のためのご飯だから、
なかなか元気な子の口には入りません...

でも、少し前まで
その日になにが食べられるか、
いつ食べられるか
どこへ行けば満腹になるのか
分からなかったはず、、、
今は、カリカリが何時でも食べられて
安心して眠れる、そこそこの寝床もある。

どの猫さんにも、
そんな環境があったらいいのにな...
産まれてきたなら、
幸せな時間を過ごして欲しいです。
.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.

関連記事

back-to-top