2017
11.28

レイリーのこと


この時期に1匹で保護された子猫は
もれなく風邪引きさんです。

特に今年は氷点下になるのが早かったし
外で子猫が生きていくには厳しい状況です。


この子は、氷点下になる前に保護されましたが
風邪引きさんで。
風邪の治療をしていましたが、
どうやら角膜に異常があるみたいで
一向に視力が回復してきません。



それでも、
やっとやっとにご飯を食べてくれて
トイレもちゃんと覚えて
体重も1キロ超えてきました。



シェルターという環境に馴染めなくて
ひとりぼっちでいることが多かったけど
ある日、
ヴィヴィと一緒に寝ているのを目撃♡♡♡



ヴィヴィ、ありがとうね(*ฅ́˘ฅ̀*)♡
レイリーと友達になってくれて

そんなレイリーですが。
おうちが決まりましたok(´∪`d))


元々ヴィヴィも
ひとりぼっちでいることが多い子で

姉妹のモアと仲良くしていますが、
せっかく仲良くなったレイリーが居なくなり
なんとなく寂しそうかな~


レイリーという名前は里親さんが付けてくださいました

シェルターではビクビクしていて
笑い声に驚いていたレイリー

おうちでは、
音に怯えることもなくなり、
甘えて過ごしているとのこと。

良かった~👏(๑•᎑•๑)

ヴィヴィとモアも。
おうちが決まりますように°ʚ(*´꒳`*)ɞ°.
関連記事

back-to-top